活きる事について

疲れる〜

後輩との関係が非常に難しい。

 

期待というのは、する側の問題で、期待に答えなかったからと言って怒るべきでは無いし、がっかりすべきでも無いし、悲しむことでもない。

手を掛けたのにダメだった場合は、手の掛け方が間違っていたか、そもそもかける必要性が無かったか。

全部己の問題であるし、

 

最後までケツを持てないなら、何もすべきでは無いと言う事。

結局私の問題であるし、悪かったのも私なのだろうと思う。

 

全部自分が悪い。

 

 

 

と言う事を考える。

 

さて、ではケツを持つか、持たないか。

と言う事について、持ちたい気持ちと持ちたくない気持ちが半々である。

 

モヤモヤしっぱなしだ。

 

 

 

 

そして、最近嫉妬されているという事を意識させられる事が多い。

今まで気付かなかったんだけど。

 

あー嫌われるんだな…………って思う。

羨ましがる程の何かなんて、存在しないのにな…………と思うけど、

 

色々持ってるんだよな。

仕事も、彼氏も、家も、私はともかくとしてそこそこ金のある実家も、長い脚も。

 

生まれながらに持たされた物は多い。

自分で手に入れたものも、生まれながらに持たされたものがあるから、手に入ったものばっかりだ。

 

きっと、持ってなかったらもどかしいだろうと思う。

持ってる人に嫉妬したと思う。

けど、めんどくせえと思う、何かしてあげられる程の力は無いし。

 

 ややこしい話しだよ。