活きる事について

あー疲れた。

すっげえ1日だった。

 

疲れちゃった!!

 

寝なさすぎて寝れないやつ。

 

そして、隣に心を許して無い人間が居る始末をどうつけようか…………

 

寝れねぇから眠剤飲むさ。

 

本当に他人と一緒に寝れないって、昔から言うてるのになぁ。

しかも、鬼きたねえ部屋。

 

ちょー眠いのに寝れない。

 

絵を描きながら、描く方法をずっと考えていた。

 

線だけで表現していく色彩構成的な、高低差の描かれた地図みたいな。

そんなもので描ける絵が欲しくて。

部屋に飾る絵が欲しくて、度々悩むのだ。

 

パネルにちゃんと水張りして、絵を描きたくなる。

 

やりたい事が溢れてる。

 

自分の今までの経験や技術やコネクションを使って、人生でアートしたい。

 

 

見えてしまうことは、言うなれば私の言語以外の方法で観察した事の妄想だと思う。

でもそれは、私の中ではとても大切な技術だと思う。

 

 世界とコミットしていないの説明をちゃんと出来て良かったよ。

絵を描いて伝えた方が早かった。

 

普通に泊まりに来て、普通にたたき起こされて、普通に部屋片付けられて、普通に遊びに連れ出されて帰ってゆく。

泊まりに来るのはともかくとして、お客さん扱いすると楽。

 

私は我が儘で許されるからね。

 

行きたい場所も私が決めるし、私は途中で珈琲飲みたいし、やりたい事はやりたいし。

 

お客さんは物凄く大切な存在だけど、

気持ち悪いと思われても構わないし

嫌われても構わないし

相手の自由なんだよね。

 

好きにしたらいい。と思った。

ダメなやつだなこいつって思う。