活きる事について

書いては消し書いては消し

ブーストして、

 

見えるは見えるは。

って感じ。

 

ぶわっと受ける物が、

心の感覚だったのに、最近は写真みたいに、イメージで見える。

 

ホロスコープみたいな感じ。

 

そのイメージをよーく見つめて、写っている物が何を意味して、どうその人に関わっているのかを凄く考える。

何を伝えれば良いのか。

この未来の姿(だと思ってるもの)は、良いものばかりだったはずが、徐々に徐々に抱える不安や欠点となり得る性質であったり、孤独だったり。

それが、増えてきて(見える回数も増えてる)

 

そして、それが、あそこに想いが溜まってるな、みたいな気になるポイントみたいな物が出てきた。

それは、場所から受け取るイメージ。

幸せだったり、強い焦燥だったり。

懐かしさ、愛おしさ、憎さ、苦しみ。

 

想いの強い場所はわかる、でもそれが何なのかはまだ見ちゃいけない感じがする。

 

つくづくと、どうしてこうなってしまったんだろうと思う。

誰の影響だろうかと思う。

 

 

見えてる物が違えば、言葉でいくら説明しても受け取ってはもらえないけど、とても寂しいなと思う。

美しくて愛情深い想いに、触れて、浸っていないと、いつかキャパオーバーしそう。

だけど、今は徐々に徐々に、何か自分じゃない物のコントロール下で、慣らされている気がする。

どこまで行くのだろう。