活きる事について

悩みは尽きない。

さんざんっぱら吐きまくってた。

 

体調が悪くて、色々な心配や不安が煩わしくなって、パートナーとの関係は清算したものの、流石に3日間ゲロ吐きまくった。

 

ろくすっぽ飯を食えないもんだから、なんでやろと思ってたら心拍数上がりすぎな所に更に酒をぶっ込んだので吐いたような気がする。

そもそも、別離や喪失は脳の機能で、ちゃんと吐き気を催すものらしい。

でもそれって神経が興奮しているからでしかないと思う。

それも納得しつつ、しゃあねえなと思ってとりあえず心拍数だけは薬で抑えてしまえば、本来の気持ちの面もなんということは無い。

やっぱりへっちゃらじゃないですかーって思う。

普通程度には穏やかに物事を捉えられる。

 

 

仕事の話をしてて、病院行ってたから出来なかったよと言ったら、精神病院?みたいな事を本人に訊かれて、

あ、本当にこの人には情緒がわからないんだなと思った。

そして、ジョークのセンスが死ぬほど悪い。

 

私は自分勝手である事は推奨する、けどそこに他者への愛にまで含めるならなら孤独で居る覚悟をすべきだ。

中途半端に他人を求めてはいけない。

性欲を満たすなら、いくらだって風俗店はある。

金払いさえすれば、きちんとした形で欲求は満たしてあげられる。

理想の姿を演じて挙げられる。

それが「仕事」だからだ。

 

けれども、プライベートでも仕事はする気になれない。

週6化粧してるから、日曜日は化粧したくない、するとしても、職場関係の人と会う時だけだ。

私はものすごく感情的な人間で、世界の有様を常に自分で表現していたい人間だし、

普通そういう事言わない

普通そんな事しない

普通こうでしょ

普通じゃない

 

それは私の逆鱗に触れる。

私は絶望を味わってしまう。

 

普通を求めるなら私を産まれ直させて。

そう思う。

だから、他人の価値観は他人の価値観であるし、合わなければ合わないなりの付き合いが出来ると私は思う。

あなたはこうねー

私はこうだからー

こうしようねー

それだけでいいじゃないか。