活きる事について

愛情の種類

蕁麻疹も範囲が狭まってきました。

 

そして出る所が面白い。

股関節

 

関節、継ぎ目の部分なんだねー

そして、今日になって、両手の平、両足の裏

これ、治る直前の特徴。

アーユルヴェーダでは末端から毒が抜けて行くよね。

関節からオイルが入るってのも、関節には出入口があるって事だし。

この蕁麻疹も吹き出物も、デトックスの一種なのかもと思う。

 

そして、顎と小陰唇に吹き出物が出来てしくしく痛んでおります。

小陰唇の吹き出物が先程爆発して、若干引いた。

毛が生えだした頃から、恐らく人よりも陰部が膿みやすいのだけれどね。

股間がちょーピッタアーマ。

 

蕁麻疹もピッタアーマだなー

筋トレしてたりするんで、今までよりはピッタ高くなりやすいとは思うけどね。

今完全無欠のピッタヴァータですね。

 

身体ボロボロじゃん!って思いつつ。

 

職場で、離婚した直後は、生活は変わらなくてもなんか気が緩んで色々出たよーー!!って、経験者に言われた。

 

元夫とは相変わらず仲は良い。

惚気られる程度に。

私は本当に惚気けるので、人として鬼だと思う。言うても嫌だろと頭では思う。

が、他に話せる友人も特にいないのでね。

 

先日離婚後初めてパートナーに会った。

その日は蕁麻疹、落ち着いていた。

まあ、職場のオーナーの趣味を手伝っていたのだけれども。

めちゃくちゃ素敵なパートナー見ながら、ウキウキしていた。

翌日の試験が気になってなんかボケーッとなってるパートナーと帰宅して、何もせずにただ手を繋いで寝ていた。

そもそも、離婚した時に、もうなんもしなくていいから、手を繋いで寝たいと思ったし言っていたから、もう向こうの趣味であり私の仕事での付き合いしか、しないかもしれないけど、なんか、叶えてくれるのは物凄く嬉しいなと思うし、

もう傍に居れないかもなあと思ったりしたけど、嫌な奴と一緒に寝る程奇特な奴でもないし、おやすみべったりもしないし、ましてや手なんか繋がないし、いって来ますのハグもしない。

言葉にしない愛情も、なんとなく信じられる気がしてくるのです。

私自身が、言葉優先型から、何か別の世界を知っていけるのが面白い。

 

今は、転職してしかも取らなきゃいけない資格が山ほどあって、ちょー忙しそうだから、自分の事に集中していてくれないと困ってしまうから、私も言葉にするのは必要な事だけにしようと思ったりして。

 

私も頑張ろうと思う。

 

とりあえず身体を何とかしなきゃなね…………

 

今日先輩に股関節矯正してもらったら腰痛がケロッと直って、凄すぎてびっくりした。

整体も面白い………