活きる事について

気圧

気圧での体調の変化は、概ね思い込みだと言われている。

 

最近は、そうでもないと思う。

全く気圧で~とか考えない様な男性がめちゃくちゃパニクってたりするので…………

 

 

まあ、父親なんだけど…………

 

 

帰って来てくれよと泣きつかれた。

私はさ、自分が帰った所で何か解決になるんだろうか?って思うわけだよ。

 

というか、私は何年も、それは酷い事だよ。って、訴えてきたのを無視しておいて、今更助けてくれも無いだろうに…………って思うけどね。

 

流石に私も大人になってる部分もあるので、くってかかったりはしないけど、今の職場での責任を説明して、自分が何を考えてるのかを説明して、今は無理だよと言うのが精一杯だ。

 

 

一生今の仕事を続ける気ですか?って一言は、明らかに今の仕事を低俗に捉えていなければ出て来ない事なので。

そういう、細かい言葉遣いに、気を使えないのが、父の最大の欠点だ。

指摘したらまた凹むから、とりあえず今の職場が如何に社会的であるかについて、語った。

 

言わなかったけど、アーユルヴェーダを習っているのは、一生今のペースで働くのは困難だと知ってるからだ。

徐々に徐々に、軌道修正しながら前方に進む。

 

上手くいかないとき、他人を責める癖のある父親があまりにも不憫だ。

 

信用出来ないのがあまりにも不憫だ。

自分自身の問題だと、言って理解出来る年齢を過ぎてる気もする。

というか、人の意見を聴けないから、こうなんだ。

何処までも上から目線。

誰も彼の大切にしている物を大切に思わない事が、理解出来ない。

 

あまりにも、人間性が乏しいので、本当に可哀想でならない。

そうさせた親族が憎い。

 

はあ、どうしたもんかね。

私はいい人になりてーんだよな。

立派な人、ジェントルな。

 

いつか、なれるといいなぁ……………