読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

活きる事について

ケースワークとシロダーラ

アーユルヴェーダと言って、少しでも知っている人が言うのは、頭になんか垂らすやつだ!!です。

 

シロダーラの講習でした!

楽しかったわ~

作業的な事が割りと好きなのです。

 

開業する時に必要な設備の話も楽しかったし、コストパフォーマンスとアイデアと折り合いと狙い、全てを色々試したとくよせんせーのデータを、こんなに貰って良いのかな………と最近思う。

 

シロダーラは、受けるよりやる方が好き。

そして、体質に合わせて、素材、温度、速度、色々と対応の種類がありますね〜

はー凄い!

そして、テクニック、今後の課題など。

 

個人的に匂いの面では、とろみの事を考えてみると色々試してみる価値のありそうな物が幾つかあるので、条件を考えて試してみようと思った。

 

また、アーユルヴェーダの「形」と言う部分が私には酷くしっくりくる。

まずは形。

真似る事、考える事、臨機応変な掟破り

守破離という道がある。

 

 

それから、座学の方ですが、陰陽五行のケースワークで私がヴァンパイアだとわかった。

なんのこっちゃ。

 

どうやら、私は先天的に水(腎)が欠乏してて、自家発電が上手く出来てないらしい。

そして、男性の精力とか気的な物、液体的な物を吸って動いている。

 

昔惚れていた方は、私と居る事で、凄い怒ったり泣いたりする様になっていって、そして、蕁麻疹もよく出してて、最終的に胃癌になった。

私と一番長く居る男性は、元々は冷静ですが、私と居るようになってヒステリックに泣くし、ずっと消化不良で胃にガスが溜まっていたらしいのだが、私と離れてからかなり男性的で胃の調子が良くて、太りにくくなったとかね…………

そういや、初体験の相手は元々がメンヘラホイホイだったけど、精神的にも肉体的にも虐めまくって会う度に泣かせていた、遠距離だったのが幸いしていたけど、電話してても泣いてたなぁ

優しくなったもんだ……………

 

 

そもそも、私は子供の頃は物凄い蕁麻疹体質でした。

特に遊ばなきゃ!!っていう状況になるとでて強制停止です。

火(心)を制する事が出来ない。

特にヒステリックではなかったけど、よく泣く子供でした。

その分、成長過程では自分で活動を停止させる能力が身についています。

眠くてぐずる事がほぼない。

容赦なく寝る、そして、起きない。

また、大人になってからは食べる事を忘れます。

食べれないとか、食べないじゃなくて、気付いたら何十時間と経ってた!みたいな事があります、そもそもお腹が減らないと食事の事なんて思い出しません。

これは、過剰な陽から急転直下で陰どっぷりですね。

火の要素は落ちる。

胃にも負担をかけないし、腸や肺にも「負担は」かけない。

 

その様な生態を加味して。

 

私の今のパートナーは一日三回オナニーして週6日、朝5時にママチャリ(わざとギアを軽くしてケイデンスの負荷かけてる)かランニングで家を出て23時に帰ってくる、トライアスロンやってる元国防(叩き上げでエリート部隊に居た。)という、化物の様な生き物です。

 

あぁ、元気な人ってホッとしますね………

 

先月から会ってなくて久々に会ったと、前回の記事に書きましたが、その間、

パートナーは39度以上の熱を出し。

私は蕁麻疹の後に24時間活動停止と、24時間食事を忘れる事がバラで2日ありました。

 

 

そして、会ってからの私はちょーーーーー元気です。

依存症だよと思うけど、ようは、適材適所だとか、陰陽とも言えるし、正しく凹凸。

そういった感じ。

 

陰陽は、どちらかが小さくなると、多い方を減らしてバランスを取るらしい。

ホメオスタシスみたいな感じだけど、陰陽は縮小する。

 

私が無意識にやる対処は、全体を縮小して整えて行く事しかしていないので、

恐らく、成長する事が無い。

維持だけで手一杯で停滞する。

 

しかし、男性と接する機会で、活動的に少なからずなっていたし、思考は働いていた。

しかし成長出来る程の気は無かった様に思う。

そして、化物と過ごす様になってからは、本当に急激な変化と成長を、自他共に認めている。

 

うううむ。

めちゃくちゃ面白いよね。

今日の復習です。

 

 

 

そういや、職場の中でキモいくらい尊敬している先輩にもチャートを見せたら、ほぼプラスしか並んでいなくて、初めて見るヤバイチャートが出来たので、物凄く気になってホロスコープを作って見ていた。

王様と参謀が一人の中に宿ってる独裁者で、人生を通してド変態で競争ではラッキー勝ちするんじゃないかと思った。

面白いので、先輩のパートナーさんのホロスコープも併せて、今度とくよせんせーに見せてみようかと思った。